加齢臭とワキガの違い!どんな臭い??

加齢臭とよく勘違いされる臭いとしてワキガがあります。

どちらももわーっとして嫌な臭いですよね!!

そして、石鹸で洗えば臭いがなくなると思っている人もいます。

今回はこの2つの違いについて書いてみたいと思います。

加齢臭の臭いってどんなの??

 

img_p1

 

加齢臭の原因は皮脂にあります。

この皮脂が酸化したニオイが加齢臭の正体なんです。

この酸化物質をノネールと言います。

そして、何歳から加齢臭が発生するかですが、大体30半ば~40くらいでしょうか!!

年を取ると代謝が落ちるため、皮脂が酸化した物質が多くなるのです。

ですが、これといった年齢はなく不健康な生活を送っている人だと20代から加齢臭が発生する場合もあります。

 

対策としては、肉類や乳製品の接種をなるべく控え、原因である皮脂を洗い流し、皮脂によってくる雑菌を抗菌・除菌して、ニオイの元を減らしていきましょう。

 

・最後に加齢臭の臭いとは

加齢臭の臭いは古いタンスや雑誌、ブルーチーズ、ろうそく、押し入れの中の臭いなどに例えられます。

ワキガの臭いとは

ワキガとは・・・

思春期になると、わきの下からの汗が刺激のある独特なにおいを発するようになります。

においが強い場合を腋臭症といいます。

 

ワキガは加齢臭と違い、アポクリン汗腺から分泌された汗が細菌により分解されることによりにおいを発するようになります。

直後の汗に臭いは臭いません。

 

ワキガの臭いとしては以下のようなにおいが代表的です。

・玉ねぎのようなツンとした臭い

・鉛筆の芯のような臭い

・古びた洗濯ばさみの臭い

・香辛料のクミンの臭い

 

なぜ、こんなにもたくさんの臭いの種類があるのかといいますと、食生活や体質などによって臭いが変わるのです。