バストに対する男女の誤解!バストコンプレックスさん必見!幸せをつかむ秘訣は?

男性のバストに対するこだわり、想いというものは、女性が思うよりとても大きいです。

 

この記事ではバストに対する男性と女性の意見の違い、それを理解することによって、女性が男性の心をつかみ、婚活や結婚生活など、普段の生活にもつながり役に立つ、さらには女性としての幸せをつかむきっかけを作る事ができるかもしれない、そんな内容を書いていきたいと思います!

100人に使用してもらい92人が実感した手法を教えます!!もちろん、私も実践済みですよ!!とりあえず見るだけでもいいので見てくださいな

 

理想のバストは??

まずは女性が考える理想のバストといえば、 大きさ、かたち、乳首のバランスではないかと思います。

 

具体的には、平均でDカップ〜Eカップ、ハリのあるお椀型、ピンク色の小さめの乳首、といったところだと思います。
実際にバストアップ関連の商品を紹介するサイトなどに載っているバストの写真も上記のような大きさやかたちで紹介されています。
確かに胸が小さく悩んでいる女性からすると理想のバストです。

 

バストの大きな女性の写真や画像を見て、私もこんな風になれたら、コンプレックスを感じなくて済むし、彼氏も作りやすくなる、彼が喜んでくれ、自分の自信につながり、彼氏の自慢の彼女になれる!とバラ色な人生を創造する事でしょう。
やはり女性にとってバストというものは、理想のバストであればあるほど、女性としての価値、尊厳が保たれる、男性に女性として扱ってもらえる、認められる、大切な部分だという事です。
しかし、ここで男性の考える理想のバストを調査してみると、女性の考えるものとは少し違う事が分かってきます。男性にとってバストとは、もちろん女性が考えている事と同じで、大きく、かたちもよく、綺麗な色の乳首を求めている事は間違いありません。

 

これは事実です。

 

なので女性はそんな男性の表面的な考えを間に受け、理想のバストを求めてきました。

 

男性の理想のバストは??

ですがそんな男性の意見をさらに細かく聞いてみると、少し女性の考えとは意見が異なってきます。

 

まず理想のバストの大きさはC〜Dカップ、かたちはお椀型、乳首の色はできれば薄いピンク色、ですが少し茶色がかっていても全く大丈夫、やわらかさ、ハリなどの方が重視、むしろA〜Bカップのちっぱいが好き、大きいのは牛みたい、ホルスタインみたいに見える、むしろ大きさより感度の方が重要、小さくても顔が可愛いならいい、性格がよければ気にならない、バストよりお尻フェチでお尻が大きければ問題ない、ちょっとぽっちゃりが好きでお腹をさわっている方が気持ちいい、などなど…なんとも女性の意見とはかなりのズレが生じています。
これはなぜなのか、なぜ男性と女性でこのようなズレが生じてしまっているのか、それはまず、男性と女性の本能に秘密があります。

 

女性はの生殖器は下半身にあり、太古の昔、人間がサルに似た生き物の時代には、女性のセックスシンボル、つまり男性を求愛する時に最も効果のある部分、それはバストではなくお尻でした。

 

これは昔は人間も4足歩行をしていたため、お尻を見せて男性を誘っていて、そのなごりで胸よりお尻が好きな男性が多いのです。
そしてそんななごりも残りつつ、現代の男性は、理性やモラルもしっかりしており、バストが大きい女性はモテるため浮気をしやすい、ましてや結婚する女性にただバストが大きいからなんて理由は求めていないのです。

 

だったらバストが小さく性格も控えめで、こんな私と結婚してくれてありがとう、と言ってくれる、この子を守れるのは自分だけだ、といった処女性がある女性を好む傾向がどんどん強くなっているのです。
女性のみなさん、自分はバストが小さいから一歩踏み込めない、付き合ってもどうせバストの大きい子が好きなんでしょ、結婚したって物足りなくて浮気される、なんて考えいる方、全くそんな事はありません。むしろその逆です。

男性の心理をつかんで、幸せな人生も一緒につかんでみませんか?

100人に使用してもらい92人が実感した手法を教えます!!もちろん、私も実践済みですよ!!とりあえず見るだけでもいいので見てくださいな