リンパの流れでキレイなバストと貧乳からの1サイズアップで胸を大きくする

胸の膨らみは、9割の脂肪組織と1割の乳腺組織で形成されています。

 

大切な母乳を生成する乳腺を守る為に沢山の脂肪がクッションになっています。乳腺が未発達だと、脂肪組織の量も少なくなります。

 

つまり、乳腺が発達していれば、自然とバストは大きくなるのです。

100人に使用してもらい92人が実感した手法を教えます!!もちろん、私も実践済みですよ!!とりあえず見るだけでもいいので見てくださいな

 

 

リンパの流れできれいなバストを作る

胸が大きくならない原因は、リンパの滞りです。

 

リンパの流れを良くするには、溜まった老廃物を体外へ排出すれば良いのです。

 

その結果、乳腺の発達が促され、必要な栄養素やホルモン、酵素がバストに行き渡り、胸の膨らみが強化されます。

 

その上、背中や二の腕の脂肪まで落ちます。どんな貧乳の方でも1カップ以上はサイズアップ出来ます。

 

リンパというのは、体の中に溜まった毒素をスムーズに体の外に運搬する道です。

 

リンパの流れが良いと、体の中はいつも綺麗な状態でいられます。卵巣で分泌された女性ホルモンが効率良く胸の細胞に届けば、綺麗な形のバストが保たれます。

 

逆に、リンパが詰まっていると血液が通れないので、あっという間に胸がしぼんだり、垂れたりしてきます。
また、リンパの流れは肩凝りや姿勢、運動不足の影響も受けます。肩凝りは筋肉の圧力がかかってしまうので、血管を細めてしまいます。

 

猫背のような頭を前に突き出した姿勢は胸部が狭まり、血液の循環がかなり悪くなります。

 

リンパは動かさなければ流れません。

 

その為、自分で良くする事が必要です。

 

リンパ液は筋肉が動く事で流れる仕組みになっています。
しかし、バストの周りのリンパは詰まりやすいです。

 

その上、リンパ液をいくら流しても最終の出口となるリンパ節がしっかり開いていないと意味がありません。

 

重要なのは、バストアップに直接関係する鎖骨リンパ節と腋窩リンパ節、女性ホルモンアップに関連する鼠蹊リンパ節と膝窩リンパ節です。

 

まず、鎖骨リンパ節は、全身のリンパが最終的に集まる最も大切なリンパ節で、鎖骨の内側を2本でゆっくり5回さすります。

 

次に、腋窩リンパ節は、首、デコルテ、二の腕、お腹の上部のリンパが集まる部分で、脇にあります。

 

手をグーにして脇に押し込み、脇のバスト側の筋を逆の手で掴み、解します。そして、鼠蹊リンパ節は、股や脚の付け根にあり、座って鼠蹊部の前側に親指を宛て、摘まむように揉みます。

 

最後に、膝窩リンパ節は、膝の裏側にあります。体育座りをして膝を両手で持ち、内側を押します。
更に、胸を大きくしたい方は、中央から肩の方に向かって鎖骨マッサージを行い、胸を斜め上に上げて反対の手で手首から脇に向かって解し、デコルテ中央部から脇の下に向けて揉み、鳩尾から脇の方向へ向かって流して下さい。

 

各自左右3回ずつ行います。最後に鳩尾から胸の間を通って左右の鎖骨リンパへと押し流します。

 

リンパマッサージの後は、全身への血流量が増える為、汗が吹き出し、老廃物を排出するので、冷えや便秘の改善にもなり、体全体に効能があります。体が美しい状態こそが源です。

エストロゲンという女性ホルモンを増やす

他には、エストロゲンという女性ホルモンを増やす事が必要です。

 

エストロゲンの作用を促す食材は、大豆の大豆イソフラボンやキャベツのポロンといった女性ホルモンと似た働きをする成分を有する物や血行を促進する効果があるビタミンEを含むアボカド、全体的に必須アミノ酸が沢山ある為に必須アミノ酸含有量の多いマグロ等です。

 

また、人参や玉葱、にんにくや蓮根といった根菜等が代謝を上げて血流を良くしてくれるので、バストアップにはぴったりです。

 

アボカドとマグロの丼や蓮根と人参の煮物等に効き目があります。外食等でも、中身の食材をチエックして注文みて下さい。

 

そういう小さな心がけこそが胸を大きくする道になります。

100人に使用してもらい92人が実感した手法を教えます!!もちろん、私も実践済みですよ!!とりあえず見るだけでもいいので見てくださいな