胸の芯から綺麗に美バスト!スポーツブラの重要性も紹介

美バストを保つ、作るためにはバストの位置をキープすることなんです。

 

100人に使用してもらい92人が実感した手法を教えます!!もちろん、私も実践済みですよ!!とりあえず見るだけでもいいので見てくださいな

 

 

人間なので、歩くと胸の位置もずれるし寝転べば胸は体の両サイドへ流れ込みます。

 

普段歩くときも、背筋を意識して自分の胸に合ったサイズのブラを着用することがとても大切です。

 

胸を大きく見せるために、小さいサイズのブラで谷間を作る方がよくいるのですが、こちらは大きな間違いです。

 

その場で胸は大きく見えますが、これから歳を重ねていくことにより胸の締め付けでバストサイズダウンに繋がります。

 

小さいサイズのブラで谷間を作るのは危険です。

 

谷間を作る前に、基礎のバストを綺麗に作っていく必要があります。

 

女性の胸の形が崩れる原因は睡眠時にあります。

 

では就寝時にワイヤー入りのブラで固定すればよいのか?

 

といえばそういうわけでもありません。

 

通常ワイヤー付きブラは日常生活で着用します。

 

特に歩く時や、姿勢をただしたいときには必須なのですが最近のブラのワイヤーは少し柔軟性を備えるようになっていて、寝ているとワイヤーが皮膚に食い込んでしまうことがよくあります。

 

逆に崩れたバストの形でワイヤーにより固定されることもあり、逆効果を促してしまいます。

 

また、血行を悪くしてしまうと寝ている間の女性ホルモンが正常に分泌されなくなる場合もあり、オススメはできません。

 

そんなときに役立つのが、スポーツブラです。

 

睡眠時サイドへ流れるバストをサポートし、背中の不要なお肉もバスト側へ固定しておくことが可能です。

 

さらに、スポーツブラは運動する時に女性の体へフィットするように設計されてるため、寝ている間の寝返りにも負担を与えません。

 

アンダーバストはゴムで固定されるため、血流に悪影響を及ぼしません。

 

女優さんでもスポーツブラを着けて就寝することをオススメしている方もおり、美容的にも推進されています。

 

もちろん朝起きたら、普段のブラにかえて構いません。

 

ここで基礎的なブラのサイズ合わせですが、案外自分に合っているブラを探すのは大変なものです。

 

特に採寸をしてもらったことのない方は、勘違いしたサイズを着用している方が多いのも現状です。

 

胸がブラに収まっていればいい。

 

と思ってる方もいると思います。

 

これは大きな勘違いです。

 

アンダーバストのお肉が周りにはみ出してはいませんか。

 

アンダーバストは収まっているのに、ワイヤーが胸に突き刺ささっている違和感はありませんか。

 

横から鏡で見た際にカップから胸がはみ出してはいませんか。

 

アンダーバストはぴったりなのに、カップが胸から浮いていませんか。

 

これは全て間違ったサイズを着用した時に起こる現状です。

 

美バストの定義は、鎖骨の中心から胸のトップまで線で繋ぐと正三角形に見えるのです。

 

これをゴールデントライアングルと呼びます。

 

ちなみにこれは誰が見ても綺麗にみえる胸の位置です。

 

つまり、この正三角形を描ければ胸のサイズかかわらず美バストと呼べるのです。

 

この正三角形をキープしたまま、バストアップできれば女性の憧れです。

 

胸が小さいからではなく、この正三角形を意識して正しいサイズのブラを着用すれば、自然と形が整ってきてバストアップが大いに期待できます。

 

まとめ

最後にですが、女性の冷えはバストダウンの原因です。

 

体を冷やさないこと、絶対に間違ったサイズの下着で血流を悪くしないことが何よりも大切です。

 

就寝時の胸の位置、普段生活の中で着用するブラのサイズをもう一度見直すことが、バストアップに繋がります。

100人に使用してもらい92人が実感した手法を教えます!!もちろん、私も実践済みですよ!!とりあえず見るだけでもいいので見てくださいな