カンジダは誰でもなる病気!?女性の原因と治療方法について【アソコが痒い】

カンジダと聞いて、性病と思う人は多いのではないでしょうか。
実際私も高校の授業中に性病の一つとして、HIVなどと並べて紹介されたので、ずっと恥ずかしい病気だと思っていました。

女性のみなさんなら、絶対に悩んだことある悩み。デリケートゾーンの臭い・黒ずみが気になったら方は見てください!管理人も使用しています!これで間違いなく解決するはずです!!

しかし、高校2年生のときにその考えは覆されました。カンジダに高校2年生の冬ごろ、罹ってしまったからです。
当時の私は男性経験なんてもちろん無く、剣道部に入っていたので、剣道一本の生活を送っていました。

そんなある日です。

みょうにアソコがむず痒い感じがし始めました。

私は気のせいだ、とかたまにあるし、いつものことだから……と特に気にも止めていませんでした。

しかし、一向に痒みが引きません。

それどころか痒みが増していく一方です。

そこでスマホで「アソコ 痒い」で検索をかけてみました。

すると表示されるのは見る限り性病として知っている病気の名前のオンパレード。

自分は経験ないし……とスルーしていたのですが、どう考えても症状がカンジダと同じでした。

しかし、カンジダの症状の一つであるおりものがカッテージチーズ状になるが自分はなっておらず、自分はカンジダではない、と言い聞かせていました。
そのうち調べていくとカンジダは性交渉が無くても病気になる、ということが分かってきました。

その原因を読んでいくと、私にも思い当たるふしがありました。
 カンジダはストレスなどから引き起こされる病気なんです。

実はカンジダになる前後に私は剣道の試合があり、試合に向けて詰め込んでいました。

当然ストレスだらけです。

また、風邪気味だったんですが、試合前ということもありクラブを休めない状況でもあったんです。

思い当たるフシがあり、また症状も似ていることから、私の中でカンジダの可能性が大きくなっていきました。

しかし、ネットで調べていくうちに何件かカンジダはほっておいたら治る、という情報を見つけました。

婦人病院に行くと親に言いづらい私はほっといて治るなら……と放置することを決めました。
それから数日経っても当然のように痒みは引かず、そのうちはじめは入口近くが痒かったのが広がって中まで掻きむしりたいほどの痒みになりました。

婦人病院に行くのなんて恥ずかしいと思っていたのが気にならなくなるくらいの痒みが襲ってきて、ようやく私は病院に行くことを決意しました。

そこでの診断結果は想像通りカンジダでした。医師に思い当たるフシを聞かれ、風邪気味だったこと、試合があってストレスがたまっていたことを話しました。

そして、医師からは適部に塗る塗り薬と、膣の中にどんな形かは分かりませんが多分錠剤の小さな薬を入れてもらいました。
それからは最初の数日は痒かったものの、徐々に痒みは引いていきました。

こんなに早く治るならもっと早く病院に行っておけば良かったと思うぐらいです。
そもそもカンジダは性病として世間一般では認識されていますが、病原体のカンジダは菌の一種で、簡単に言えば水虫と同じなのです。ですので、誰にでもカンジダになる可能性は持っているのです。

もちろん男性も、です。しかし、男性がカンジダになる原因は性交渉のみです。だから、カンジダは性病と言われ勘違いすることになるのです。
カンジダになる女性は多く、5人に1人はカンジダになったことがあると言われています。

ですので、痒いなと感じたらすぐに病院に行くことをお勧めします。カンジダの痒みは本当にツラいので……。

また、薬を処方されてもすぐに痒みが引くわけではなく、3日ぐらいは痒みが続くので本格的に痒くなる前に、病院へ行ってください。本格的に痒くなってからじゃ遅いですよ。

女性のみなさんなら、絶対に悩んだことある悩み。デリケートゾーンの臭い・黒ずみが気になったら方は見てください!管理人も使用しています!これで間違いなく解決するはずです!!