女性の脇汗対策を教えます!気になる汗シミや臭いも

いよいよ夏真っ盛り!

 

気温は連日30度以上をマークし、人間の体感温度はそれ以上の温度を感じる日が続いています。

 

発汗作用は人間の生理現象の中でも、特に重要な機能です。体の中の不要物を体外に排出する方法の1つです。

 

人間が体の中の不要物を体外に排出する方法はこの発汗と排尿、その他アカスリや角質を削り落とすこと(又は外科的手術)しかありません。

 

しかし、脇汗は見た目も臭いも女子力を低下させる大きな要因になります。

 

今回はその脇汗によるイメージ被害を軽減させる対策を原因から追究してみたいと思います。

 

女性の脇汗 その原因と症状

人間の発汗には、温度の変化、皮膚の乾燥、精神的緊張が影響すると言われています。

 

精神的緊張はある程度限定された状況でしか起こりませんが、温度の変化による体温調節と皮膚の乾燥は1年中いつでも起こります。

 

温度の変化による体温調節のための発汗は、春は屋内から屋外への移動や入浴前後、服の着脱の際にも発汗は行われています。

 

また、室内で暖房器具を使っていると、送風される乾燥した空気によって皮膚表面が乾燥します。

 

乾燥すると様々な免疫力が低下するため保湿成分である皮脂が分泌されます。

 

分泌される皮脂の中には通常臭いを発するような物質は含まれていませんが、食生活に脂肪やたんぱく質が多いとそれらが体内で分解され、酸化したようなにおいを発します。

 

これらの、脂肪やタンパク質から発せられる皮脂(乳白色で粘り気のある物質)はこれらの成分の他にアンモニアも同時にエクリン汗腺から分泌されるため臭いにおいを発するため女性のコンプレックスの原因となります。

 
脇汗は臭いの他にも服にシミや黄ばみを残します。

 
では、なぜ脇じみができるような脇汗をかくのでしょう。

 

その理由は前で紹介したように、体温調節や皮膚の乾燥にあります。特に夏の時期は、室内の空調設備で肌が乾燥しやすく肌表面が冷えて汗腺が閉じているにもかかわらず、屋外に出れば温度の変化で毛穴が開き通常よりも多くの汗が必要となります。

 

しかし、乾燥した肌はなかなか発汗機能が働きません。

 

すると発汗機能は水分で補えない分は皮脂で補おうとするため、汗の出やすい脇から多量の皮脂が発生し、脇汗となります。

 

脇汗に悩む女性急増!その現状とは?

 

脇汗は女性のイメージを大きく低下させる生理現象の1つです。

 

有名な脇汗被害として某女子アナの脇汗映像に苦情のFAXが送付されたという事例があります。

 

アナウンサーは毎朝視聴者の前に出て、話をする職業だけに見た目はとても大事です。

 

そもそも女性の約50%が脇汗が気になるという調査結果が出ています。

 

また、脇のムダ毛が気になるという人は女性の70%にまで登ります。

 

脇汗に悩む女性は年々増えて今ではネット上に掲示板までできています。

 

その投稿によると汗じみを他人に目撃されて恥ずかしい思いをしたという口コミが多く、洋服の汗じみは男女問わず多くの人が注目してしまう生理現象のようです。

 

それらの多くの人は、制汗スプレーや体汗を拭きとるクーリングシートなどで対策を行うほか、物理的に汗腺を除去する方法もあります。

 

しかし、外科手術の方法には後遺症がつきもので、手術後投薬治療をすることが必要となり、高額な費用が必要となるため、前者の方法を選択する人の方が多いです。

 

女性の脇汗対策まとめ

 

女性の脇汗対策で最もメジャーなのがデオドラント配合の制汗スプレーや制汗クリーム、制汗スプレーロールタイプを用いる方法です。



【ラプカルム】

 

他にも食生活を改善する、ストレスをためない生活習慣に改善する、スポーツや半身浴など質の良い汗をかく習慣をつける、皮脂やタンパク質、アンモニアの香りを薄めるために水分を多めにする、汗のにおいを増長させる雑菌やバクテリアを増やさないためにこまめに衣類を取り換える、脇汗パッドを利用する方法があります。

 
筆者も汗をかきやすい体質であるため10代の頃より対策は行ってきましたが、最後の脇汗パッドは本当に量の少ない汗の方のみが有効です。

 

また、一般的に市販されている粉の成分を吹き付ける制汗スプレーは脇のエクリン汗腺から分泌される成分と混ざって粉瘤の原因にもなりますのでできるだけ液体を塗布するクリームやロールタイプのものを使用されることをおすすめします。

 
しかし、最も手軽にできる対策方法は「清潔にする」ことです。

 

入浴時は必ずわきの下を洗い乾燥させ雑菌の増殖や余分な皮脂の除去の習慣をつけます。

 

脇の下の皮膚は大変柔らかく、雑菌への免疫力も低下しやすいにもかかわらずリンパの出入り口にもなっています。必ず清潔を保つようにしましょう。

 

さらに他のデリケートゾーンにも言えることですが、傷などを洗浄する消毒液で雑菌消毒するのもおススメです。

 
是非脇汗対策をしっかりして脇汗の汗じみのない洋服でオシャレなあなたを演出しましょう。