プロテインの効果的な飲み方とは!太るって本当?

これまでプロテインと聞くと体を鍛えているムキムキな筋肉を目指している男性のためのものというイメージがありました。
しかし、最近では体を鍛えたい女性はもちろん、ダイエット中の女性も身近に置いて利用するようになってきました。

 

スポーツドリンクの一般化と同じくプロテインも一般の人が口にするようになってその栄養成分が注目されるようになりネット上でも「プロテインは太る」という噂が目立ってきました。

 

今回はプロテインの効果的な飲み方と「プロテインの利用は太る」の噂の正体を検証してみたいと思います。

 

市販されているプロテインについて

 

ダイエットプロテインで有名なのが「DHCプロテインダイエット」です。

 

【オマケ付】【送料無料】DHC プロティンダイエット50g×15袋入(5味×各3袋)×4箱 ダイエット プロテイン ダイエット 食品 DHC Protein Diet【ギフト包装不可】

価格:16,490円
(2016/8/17 23:52時点)
感想(25件)

この商品はカロリーの上昇の原因である脂質後極限までカットしタンパク質と食物繊維を水分に溶かすことによって180kcal前後の置き換え食を作ると言うものです。
また、成長期の男児の発育促進を目的とする森永製菓の「ウイダージュニアプロテイン」

ウイダー ジュニアプロテイン ココア味 800g【楽天24】[ウイダー/ウィダー ホエイプロテイン]【HOF01】【MEN_PICKUP】

価格:2,491円
(2016/8/17 23:53時点)
感想(177件)


、味の素の「アミノバイタルアミノプロテイン」

アミノバイタル アミノプロテイン レモン(4.3g*30本入)【アミノバイタル(AMINO VITAL)】[プロテイン アミノ酸]【送料無料】

価格:3,279円
(2016/8/18 00:23時点)
感想(50件)

 

は安定の価格と大手メイカーの販売する商品として人気です。

 

また、アルプロンの「アルプロントップアスリートシリーズホエイプロテイン100」

 

アルプロン トップアスリートシリーズ ホエイプロテイン100 WPC メロン1kg【楽天24】【あす楽対応】[アルプロン ホエイプロテイン]

価格:3,047円
(2016/8/18 00:24時点)
感想(1件)

は80%がたんぱく質で甘味料、増粘多糖類、粉末油脂、保存剤などの添加物が一切入っていないと言う優れもので、締まった体を手に入れたい方にはうってつけの商品です。
最後に大豆たんぱく質100%のプロテインとして有名なのが健康体力研究所の「Kentai(ケンタイ)パワープロテインプロフェッショナルタイプ」を御紹介します。

 

Kentai(ケンタイ) パワープロテイン プロフェッショナルタイプ 450g[ケンタイ 大豆プロテイン]【あす楽対応】【送料無料】

価格:3,085円
(2016/8/18 00:28時点)
感想(4件)

Kentai(ケンタイ)パワープロテインプロフェッショナルタイプは糖質無添加の上、体内で作ることのできない9種類の必須アミノ酸とミネラルも含まれたダイエットにも有効な商品です。

是非、自分に合ったプロテインを見つけて綺麗で引き締まった体を手に入れて下さい。

 

プロテインの用法用量

 

先で紹介した商品の用法用量は以下の通りです。

DHCプロテインダイエット

・水に溶かして飲む ・1日2食を限度に朝・昼・夜の食事に置き換えて使用する

ウイダージュニアプロテイン

・朝食を食べられないときやおやつ、スポーツの前後に牛乳、水(10g~20g)に溶かして飲む
・食事内容や運動量、飲んで利用する本人の体格に合わせて調節が必要

 

アミノバイタルアミノプロテイン

・トレーニング、運動時、1日の終わりに服用
・1日1~3本を目安に服用する(水などの飲料と一緒に)

 

アルプロントップアスリートシリーズホエイプロテイン100

・内包されたスプーン1杯分(10g)を水やジュース、牛乳などに溶かして服用
・1日の摂取目安は一般的な生活を送る方の場合 体重×1gで計算 例60㎏の人なら60g
定期的な運動をされる方の場合 体重×2gで計算 例60kgの人なら120g

 

Kentai(ケンタイ)パワープロテインプロフェッショナルタイプ

・栄養補助食品として使用する
・200ccの水や牛乳に20g溶かして飲む

 

プロテインで太る!? そのメカニズムとは!?

 

プロテインで太る原因の1つは、運動不足です。

 

今までは運動していることが日常だった人が運動を止めた後もプロテインを止めずに服用しているとあたりまえですがエネルギーの需要と供給の関係が崩れ、肥満の原因となります。

また、「DHCプロテインダイエット」のような商品は基本的に満腹感が持続せず結局いつもは取ることのないおやつや夜食を取る習慣がついてしまい、結局体重が増加すると言う失敗例も考えられます。
また、「アルプロントップアスリートシリーズホエイプロテイン100」のような「甘味料、増粘多糖類、粉末油脂、保存剤などの添加物不使用」を謳った商品以外はプロテインを飲みやすくするために何らかの糖質が添加されていると、その塔室で太る可能性があります。

 
プロテインダイエットが成功した場合も体重が増加する可能性は残されています。

 

どういうことなのか次の項目で体重増加のメカニズムと合わせて考えていきましょう。

筋肉の生成と脂肪の生成

人間の体に入ったたんぱく質は筋肉となるものと脂質となって体に蓄積されるものとに分かれます。

 

基本的に筋肉が必要な時はタンパク質が優先的に筋肉となりますが女性のように筋肉がもともとつきにくくタンパク質が脂肪分となる場合もあります。

 

そのためタンパク質を摂取るすることが前提のプロテインダイエットは運動することも前提です。
また、基本的に筋肉と脂質では筋肉の方が重たく脂質の方が軽いものです。

そのため体が引き締まった人と肥満体系の人が同じ水の中で浮こうとすると肥満体型の人は脂肪による浮力があるため体の引き締まった人より浮くことができます。
つまりプロテインを利用するダイエットの成功は、運動をすることが前提です。
是非、自分のタイプに合ったダイエット法で魅力的な体を手に入れて下さい。