真夏のスキンケアは化粧水と乳液の2本で乗り越えられる!上手な使い方と裏技紹介

夏は汗や皮脂が多くなるだけでなく、冷房による影響で肌は乾燥しています。
しかし、暑い日にたっぷりの化粧水と乳液をのせてしまうと、肌はベトベトしてしまい、不快に感じるものです。
今回は、真夏のスキンケアを快適に乗り越えるコツと裏技を紹介します。

 

化粧水と乳液の役割を知れば使い方がわかる

 

スキンケアで重要なことは「洗顔」です。
ノーメイクで過ごした日や一日中家から一歩も出ていない日は、肌が汚れていないと思う人もいるかもしれません。
しかし肌はノーメイクでも皮脂を分泌し、「暑いかな」と思ったときには汗が出ているものなのです。
毎日の洗顔は、余計な皮脂や汚れを洗い流すための大切なプロセスなのです。

 

きれいになった肌は、無防備な状態になっています。

肌表面にあった皮脂がきれいに落とされたため、肌表面からは水分がどんどん蒸発してしまいます。

 

洗顔後は、できるだけ早く化粧水と乳液をのせるようにしましょう。

 

化粧水と乳液には、それぞれに違った役割があります。

化粧水は、潤いを与える役割です。

 

そのため、主成分は水分であり油分はほとんど含まれていません。

 

乳液は、肌表面に油分の膜を作る役割です。

 

乳液が「肌に油分を与える」と思っていると、必要以上に乳液をのせてしまい、ベトベト感が出てきてしまうのです。

 

上手な乳液の使い方は、肌表面に膜を作るつもりで、うっすらと塗ることです。

 

化粧水と乳液は洗顔後以外にも出番はある

 

化粧水と乳液は、大きなビンに入っていることが多く、自宅の洗面所が定位置になっていることが多いのではないでしょうか。

 
しかし普段持ち歩く化粧ポーチに、小分けにして持ち歩くと化粧直しが上手にできます。

 
オフィスで働いていると、昼頃には冷房の影響で肌はカサカサになってしまいます。
乾燥のため、顔のファンデーションは粉浮きするだけでなく、口のまわりのファンデーションは白浮きしはじめてしまい、ほうれい線を際立たせてしまっていることもあるのです。

 
ファンデーションが乾いてしまったときに、上から厚塗りしてしまうとさらによれが強くなります。
そんなときには、化粧水を指先に少量とって、ポンポンとたたきながらファンデーションの上から浸み込ませてみましょう。
乾いていたファンデーションが潤い、きれいに化粧直しをすることができます。

 
乾燥の強い口まわりには、化粧水ではなく乳液を使ってみると効果的です。

 

余った化粧水と乳液の裏技

 

持ち歩きように小分けにした化粧水や乳液は、何年もポーチに入れっぱなしにしないようにしましょう。

 
とくに暑い夏は、普段よりも早めに使い切った方がいいでしょう。
小分けにした化粧水や乳液は、ハンドクリーム代わりに使っても便利です。

 
化粧水や乳液はハンドクリームよりもさらっとした感触で、暑い夏でも気持ちよく使うことができます。

 
また、化粧ポーチにパウダータイプのファンデーションを持ち歩いている人は、落とした拍子に固形のファンデーションが、ひび割れてしまうことがあります。

 
放っておくと、どんどん細かく砕けてしまいます。

 
ひび割れたファンデーションの上から、適量の化粧水をかけて、指の腹でこすってみるとひび割れを簡単に修復することができます。

 

マスカラやアイライナーも、長期間使っていると乾いてしまって、使いにくくなることがあります。

 
そんなときには、マスカラの容器に少量の化粧水を入れて混ぜてみると、マスカラ液が再びやわらかくなります。

 
化粧水と混ぜてやわらかくなるものは、水溶性のものです。
アイシャドーは、油分が多いものが多いため、化粧水には溶けにく傾向があります。

 

化粧水や乳液は、使うタイミングがとても大切です。
洗顔後は、肌が乾き始める前に化粧水をたっぷりと浸み込ませ、乳液で膜を作りましょう。

 
「化粧水はたっぷり使い、乳液は少量使う」ことが、上手な真夏のスキンケアのコツです。